So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

小麦の収獲 [作業日誌]

梅雨の晴れ間というものの、午前中で30度を越す真夏のような暑さのなか、小麦の刈り取りを行いました。

昨年の11月30日に種まきをしたのでちょうど210日目の収獲となりました。刈り取りそのものは30分ほどで完了しましたが、その後の脱穀に時間がかかりました。道具らしい道具もなく、弥生時代に遡ったような方法での脱穀作業です。

刈り取った穂を思い切り地面に叩きつけ、実を落とす。あるいは堅い木の上に穂先をのせて、やはり木で穂をたたき実を落とす。

ジリジリする炎天下での単純作業、肉体労働はこたえました。

「苦しい思いではいつまでも記憶に残る」、唯一この言葉をよりどころに、なんとか休憩を挟んで午前中には大雑把な脱穀作業をやり遂げました。

3時間ほど天日乾燥して、袋詰めをしましたがその量は6袋になりました。籾殻を選別仕切っていないので見た目ほどは収穫量は期待できません。多分、30kg前後になるでしょう。

人間、現金なもので11月の種まきから麦踏までは、特に女性陣は嬉々として作業をしていましたが、収獲作業には音を上げたようです。

おそらく今年の秋の小麦作りは特に女性陣から賛同してもらえないような場の空気でした。


DSCF1072.JPGDSCF1075.JPGDSCF1074.JPGDSCF1076.JPG




収獲ラインナップ [作業日誌]

キュウリ、ナスの夏野菜の収獲がはじまり、そろそろトマトの初収獲もちかくなりました。
梅雨明け時期がどのくらいになるのかまだはっきりしませんが、梅雨明けと同時に夏野菜の収穫量も増えてくるでしょう。

DSCF1063.JPG

ジャガイモは20畝のうち中央付近が枯れ始め、探り掘りをして中以上の大きさのイモを手探りで掘り出しました。今年のジャガイモは大きさといい、皮肌もきれいで、上々の出来です。

DSCF1060.JPG

トウモロコシは何本かカラスに突っつかれましたが、一昨日から収獲できるようになりました。

DSCF1061.JPG

夏本番を控えゴーヤとスイカに花がつきました。ツルナシインゲンがもう少し太くなれば収獲可能です。

DSCF1067.JPGDSCF1068.JPGDSCF1070.JPG

仲良く昼寝 [身辺雑記]

私、生後5ヶ月、身長62cm、体重6,8kg、君は生後3ヶ月、身長60cm、体重6kg。

君の髪は緑で随分ぼさぼさだね。でも肌の色は私より白い。

会員Kさんのお孫さん。ちょうど娘さんが実家に戻られ、大きな大根君と鉢合わせ。「こいつ誰だ~」って横目で見つめるお孫さんがかわいらしい。

SH3E0010.jpg

ページビューが40万を超えました [身辺雑記]

いつも訪問させていただいている「おじゃまま」さんのブログで、ナイス1万突破の記事が出てました。

それはそうと自分のこのブログはナイスをどれだけいただいているのかを見ましたところ1万をすでに超えていました。
私は結婚記念日とか、××記念日とか言うやつにはトンと関心が向かないたちなのでしょう、ナイス1万超えに全く気づいてませんでした。

そこで記事ネタになるような数字は何かないかと探していたところ、「管理トップ」のなかに「ページビュー」なるものがあることに気づきました。昨晩で40万に200ほど届かない状況になっていたので、「しめた!明日のブログネタはこれで行こう」と考えた次第です。

いつもの畑の作業が午前中で終わり、ブログを開き、「ページビュー」の累計数字を確認したところ、ついにというかいつの間にか40万ビューを超えていました。
あくまで推測の域を出ないのですが、一人の訪問者が平均3つの記事を読んでくれているような傾向のようです。

古くは2年前に書いたページにもコンスタントに訪問して読んでくれている様子です。
なんともありがたいことです。

さて普通の人なら今度は50万ページビューを目指し、逐次注意をはらうのでしょうが、私はこの点、自分でもあきれるほど無頓着なので、多分いやきっと忘れてしまうような気がします。

ま、何はともあれいつも訪問いただき、かつナイスを下さる皆様のおかけです。この場を借りて、御礼申し上げます。
今後ともよろしくお付き合いください。




ニンジンのできばえ [作業日誌]

この春種まきしたダイコンが豊作でしたが、2月20日過ぎに種まきしたニンジンもダイコンに劣らずうまく出来ました。時無五寸と三寸の2種類を3畝に播きましたが、ペレット種子なので確実に芽だししました。

手間はかかりますが4穴のマルチに丁寧に手播きましたが、うまくいきました。
一人当たりの収穫量は特に計量はしていませんが、相当な量を配分することが出来ました。

ニンジンの葉は切り取ってすぐに、ポニーの餌にもっていってあげました。飛びつくようにむしゃむしゃ食べていたようです。

やはり取りたてのニンジンはほのかにあまく、千切りにしてレタスと合わせってサラダで食べるのが一番です。


DSCF1056.JPGDSCF1057.JPGDSCF1058.JPG



ダイコン、ナンバーワン [作業日誌]

この春のダイコンは豊作でした。

収獲も最後を迎え、Tさん母娘が収獲したダイコンは太さがなんと45cmもありました。
「お母さんの足みたい」と小学6年の娘、「私はもっと細い!」とお母さん。

お母さんの素足は見たことはありませんが、これほど太い足をした人は最近はほとんど見かけません。
近頃の子供、そしてその母親も、皆さんスタイルが良くなりましたから、それこそ今となっては「ダイコン足」は死語になりつつあります。

泥を洗い流すとダイコンの白さが浮き立ちます。



DSCF1059.JPG

小麦の収獲を見学する [作業日誌]

小麦がだんだん色づきはじめました。
そろそろ収獲時ですが、何せ小麦つくりは初めての経験で、この周辺の農家に聞こうにも、いまは誰も小麦を作る人がいません。

何しろすぐ近くのJAが小麦の種を販売していないのですから。緑肥用の麦類の種は売っていますが、食用の麦は販売していないという状況です。

そこで所沢周辺に範囲を広げ、小麦農家を探したところ、お隣の狭山市に見つけました。小麦、お米、それに大豆を作っていました。連絡を取り、小麦の収獲を見学させてもらうことになり、会員2名を同伴して行ってきました。

田んぼの裏作で小麦を作り、「餃子の満州」にJAを通して販売しています。大豆は埼玉県都幾川村の有名な「渡辺とうふ」に卸しています。小麦の種類はメモをとらなかったので忘れましたが、我々が作っている農林61号より生育期間が少し短い種類で、梅雨の晴れ間の6月15日に収獲をしていました。

大豆と兼用の大型コンバインで、広い畑を円を描くようにくるくる回り、あっという間に刈り取り、脱穀をしてしまいます。1台750万もするマシーンです。

小麦の刈り取りを判断するのは、まず色、全体が黄金色に変色していること。第二に穂がその重さで頭を下げるようになり、それが全体の8割くらいになったとき。
やはり直接、専門の農家に話を聞かなければわからないことだらけです。

DSCF1045.JPGDSCF1048.JPGDSCF1050.JPGDSCF1053.JPG

ジャガイモの探り掘り [作業日誌]

今年、ジャガイモの種の植え付けを例年より2週間ほど早めにしてみました。
植え付け時期同様、作る量も昨年比2倍に変えてみました。

畑には20畝のジャガイモの葉がびっしりと土も見えないくらい繁っています。一部の葉は黄色く色づき、そろそろ収獲が近いことを知らせています。この調子で行けば6月末には総てのジャガイモを収獲できることでしょう。

そこで総てではありませんが、一部を探り堀して、写真にあるような中くらいの大きさのジャガイモだけを手で慎重に掘り、取り残した小さないイモは6月末までそのままにしておこうと考えています。
一度に大量の収獲をするより二度に分けて収穫したほうが会員に喜ばれると思います。

今年のジャガイモの出来は上々です。新ジャガ特有の薄皮で肌もきれいです。シンプルにゆでてバターで食べるのが一番。イモは大きなものより、小ぶりのほうが味がよさそうです。

DSCF1028.JPGDSCF1037.JPG




いたちごっこ [作業日誌]

梅雨から夏にかけて畑の雑草が元気よく育ってきます。花が咲き種を撒き散らす前に、退治するのがコツです。

夏の日照りで土が固くなると、雑草は広く深く根を張り、女性のか弱き腕力では引き抜くのも苦労します。
入梅の晴れ間、土にたっぷりと水分が残り、畑が柔らかくなったときに雑草を抜くのが良い頃合です。

第二農園の2反(600坪)の畑に雑草がはびこり始めたので、15人が1時間半かけてもくもくと雑草とりをしました。でも後10日もしないうちに、畑は元の木阿弥状態に戻るでしょう。作業前・作業後が同じ景色で雑草とりのいたちごっこは夏まで続きます。

隣の畑の爺ちゃんが「せいがでるの~」と声かけしてくれました。
雑草に混じってどこからか飛んできた赤紫蘇が育っています。そしてコスモスがお茶の木の脇から芽を出しています。

コスモスの苗を半分ほど掘り返し、第一農園の通路脇に等間隔で移植しました。秋が楽しみです。


DSCF1018.JPGDSCF1017.JPGDSCF1016.JPG


イチゴジャム作り [作業日誌]

今年、イチゴを2畝作りました。
ほぼ収獲も終わりかけ、総収穫量は5kgを少し超える程度でした。イチゴは最初の収獲は粒が大きく、だんだん小さくなっていきます。

イチゴはいっぺんに収獲ができないので、収獲したものを冷凍庫で保存しておき、2kgくらいにまとまると、イチゴジャムを作り、200g単位で会員に渡しています。

いまのところ17名分のイチゴジャムを作り、配分しました。来年は倍の4畝を目標にしないと、潤沢な量のジャムが作れません。

写真は料理部長のI会員さんの作ったイチゴジャムです。完全無農薬、有機路地栽培ですから、買うとなると結構な値段になると思います。

DSCF1019.JPGDSCF1020.JPG

スイカの苗の移植 一連の作業 [作業日誌]

ご紹介するのは育苗小屋で育てたスイカの苗を畑に移植するための一連の作業内容です。

苗の地上部分のところに縦に裂いたビニールホースをまきつけ、ビニールテープでつなぎ合わせます。
テーブルの上に苗を置き、なにやら内職仕事のようにビニールホースを全員でまきつけます。
これは根きり虫に大事なスイカの茎を噛み切られないようにする「トコトコ農園」独特の対策です。根きり虫対策に加え、茎にホースを巻くのは風に弱い茎を守るためでもあります。

移植した苗が強い春風にやられないように、苗全体を手提げ用のレジ袋を使いすっぽり覆います。そのためには3本の支柱を使いますが、支柱は孟宗竹を縦に8分割に割って作りました。

今年のスイカ作りは昨年の豊作に味をしめて、苗を倍以上作り移植しました。合計で70本です。1株に最低5個実がつくとして、350個ものスイカが出来るはずです。

ちょっと欲張りすぎたかもしれません。

DSCF0951.JPGDSCF0952.JPGDSCF0954.JPGDSCF0957.JPGDSCF0953.JPG

早すぎる入梅による被害 [作業日誌]

例年より早い記録的な入梅ですが、早々に被害がでました。

雨水槽に飼っていた金魚15匹あまりのうち、12匹が行方不明になりました。
おそらく水槽が満杯になったため、金魚たちが外へ飛び出したのではないかと推測しています。

雨水槽の周囲を見まわしても金魚の遺体は見つかりません。行方不明なのです。カラスに食べられてしまったのか、依然として理由がわかりません。

この金魚、雨水槽に発生するぼうふらを食べてもらうために、入間市の金魚専門ショップで、稚魚をまとめて30匹買ってきたものです。
飼い始めてから3年、あっという間に死んだり、仲間に食われたりで半減して生き残ったものです。

それがたった数日来の雨で12匹もの金魚を一瞬に失ってしまいました。<合掌>

ダイコンずくし [作業日誌]

今年の夏ダイコンは豊作です。

大きさ、形状、そして味もよし、と三拍子揃いました。根の長さは55センチ、太さは33センチ、小さな大人の股下ぐらいの長さです。

会員には各4本収獲してもらいました。さすがにこの大きさのダイコンなので、せっせと人に配り、せっせと毎食のようにダイコン料理のオンパレードです。

オーソドックにおろしにしたり、風呂吹きダイコン、ダイコンサラダ、ダイコンの味噌汁、糠ずけ、ダイコンとコーンにまいたけを入れ、コンソメ味のスープにしたり、まだ試してないのがダイコンステーキくらいかな。

DSCF0968.JPGDSCF0969.JPG


梅雨のめぐみ [作業日誌]

関東甲信越では記録的な早い梅雨入りですが、唯一のめぐみは雨水槽にたっぷり水を補給してくれたことです。

井戸も水道もない「トコトコ農園」では水遣りはもっぱらこの雨水槽に頼っています。
基本的にマルチを使っているので水はほとんどやらなくてもすみますが、ニンジンの発芽促進に、あるいはネギの発芽後の乾燥防止にこまめに散水しています。

そのほかの作物でも苗の移植時と根の活着のために水は必要になります。5月の雨の降らなかった一時期は雨水槽の底が見えてきて、ぼうふら対策用に飼っている金魚が息苦しそうにしていました。

それもこれも、先日来の長雨で三箇所に作った雨水槽が写真のようにあふれんばかりになりました。
さしずめ雨水槽を十二分に満たしてくれた今年の入梅は一つのめぐみと前向きに捉えたほうが良いのでしょう。

DSCF0959.JPG

鄙びた街のパスタのお店 [グルメ]

埼玉県入間市のはずれ、東京のチベット(住民の方にはなんと失礼な話ですが・・・)瑞穂町のすぐ近くで、八高線の「金子」駅の近くにその店はありました。
イタリアンレストラン「LUCCICARE」(ルッチカーレ)、どんな意味があるのかさっぱりわかりません。かなりしっかりしたログハウス作りの店で、周囲の景観とは全くそぐわない店構えと店名です。

昼食はお得なランチセットで1300円。サラダ、パスタ、ピザ、焼きカレーの3種類から1品選択、デザート(パンナコッタ)とコーヒーがついてこの値段。ウイークデーのそれも一日中雨の中、辺鄙なところですが、11時からの昼食時には客待ち状態でした。もちろん客の90%以上は暇をもてあます中高年女性です。

入り口横の小さなスペースに野菜売り場があって、それほど安くはない。「トコトコ農園」の野菜なら倍の量で同じ値段で売ってあげたいくらい。

妻とパスタ好きの娘3人で、それぞれパスタ、ピザ、焼きカレーを頼んだのですが、食い気が先にたち肝心のパスタとピザをカメラにとるのを忘れるという、大失態。

この店を知ったのは「東京ウエスト」というブログですが、東京の西部地域をメインにしたおいしい店紹介で知られるブログから情報を拝借しました。


DSCF1010.JPGDSCF1001.JPGDSCF1007.JPGDSCF1006.JPGDSCF1009.JPG


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。