So-net無料ブログ作成

やりましたね、ニッポン! [サッカー]

昨夜は夕飯にビールを飲み、その勢いで午前3時に目覚ましをセットして、8時に就寝。
しかし午前2時すぎには目が覚め、そのままTVの前に陣取る。

試合開始15分間はデンマークのパス回しに翻弄され、ピンチの連続。なんとか耐え忍び、すくなくとも前半は失点ゼロに押さえるのが第一目標と思っていた矢先の17分、本田のフリーキックが相手右ゴールを突き刺す。さらに遠藤がフリーキックを今度は左隅に叩き込んでまさかの2:0で前半を終える。

今大会、高地とボールの性質でこれまで事実上、フリーキックによる点が入っていない。ボールが伸びすぎてあのC・ロナウドですらフリーキックを成功させていない。
本田、遠藤に代表される日本人選手のフリーキック技術の高さがあらためて証明されたことになる。

後半は勝負を焦ったデンマークは前半の華麗なパス回しを捨てて、前線にハイボールを放り込み、高さ勝負に出てきた。
これまでの日本の守備陣は、このパワープレーをもっとも苦手にしてきた。1対1に負け失点するシーンを過去何度も見せられてきた。しかしこの大会では、しっかり相手に体を寄せて自由なヘディングをさせなかったこと、こぼれたセカンドボールを拾ってクリアーしたこと、この2点がしっかり出来ているのが守備の安定感を引き出してきた。
それと中盤で相手にパスカットされ、速攻に守備を崩されたこともなかったのも大きい。
それだけ全員が集中力を切らさなかったのがよかった。

日本の勝因は個では劣るが、組織で個の弱さをカバーできたこと、チームが組織としてしっかり機能していたこと、そして選手間のコミュニケーションが取れていたこと、選手のコンディション調整がうまくいったこと、つまりスタッフを含めた総合力の勝利だった。

前回のドイツ大会における失敗の教訓が活かされたのだろう。
ドイツ大会の日本チームはコミュニケーションのないバラバラなチームだったが、その遠因は先発メンバーを海外組みに固定したジーコの采配にあった。
控え組みとの意識の差が最後まで埋められず、何も出来ないまま敗れ去った。

大会直前に「名前」ではなく、コンディションのいい選手を優先した岡田監督の決断が好結果をもたらした。
怪我で本来の調子を出せなかった、中村俊、中村憲の二人、そしてサイドの内田を思い切ってはずしたのは英断だった。阿部を守備の要に使う采配もズバリ決まった。キーパーを楢崎から川島に代えた事も特筆される。
中澤が安定し、トゥーリオの軽率なプレーもでず、守備が決定的に崩されていないのは次のパラグァイ戦につながる。

ゴールには結びついていないが決定的な得点チャンスを演出できていることも、好材料だ。
世界から失笑された「ベストフォー」発言もひょっとするかもと、思わせたデンマーク戦だった。


nice!(52)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 52

コメント 5

漢

はいはいはい!バンザーイ!
by (2010-06-25 11:07) 

くまら

私は3時に起きるつもりが4時起きでした><;
面白い内容でしたので、無理して起きて良かった・・・
でもその代償も大きかったです
by くまら (2010-06-25 14:08) 

おじゃまま

2点取るまでは起きていましたが、安心したらまた睡魔が…
テレビの音と家人の歓声を聞きながらウトウトしていましたが
やはり睡眠不足です。よかったですね。
by おじゃまま (2010-06-25 15:22) 

水郷楽人

昨日はTV観戦後、仕事へ。。日中、もう眠たいこと。(=_=)。。
by 水郷楽人 (2010-06-26 20:26) 

nougyoujin

コメントいただいた皆さんへ

少なくともパラグァイ戦までは、寝不足で倒れず、がんばりましょう。
私も連日23時からの中継を見る毎日です。就寝は午前2時前後です。
4年に1回ですから、眠い目をこすりこすり我慢しましょう。
by nougyoujin (2010-06-27 11:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。